« アルプス山麓での社会福祉士事務所開業奮闘記ブログのご紹介 | トップページ | SKFネットワークのお知らせ »

2010年12月 8日 (水)

後見ソフト

 受任件数が多くなり、現在このソフトがないと後見事務が成り立たないほど、頼り切っている。なるべく1週間に1日は事務所にて事務処理をするように心がけている。その日は1日中このソフトを立ち上げておいて、預金通帳の転記や活動記録をつけたりしている。また関係者への連絡先や郵便物の送付先が一覧できるので、デスクが分厚いファイルで山のようになることがなくなった。
 8月にバージョンアップして「身上監護」の項目が充実した。社会福祉士の後見人にとって非常に使いやすくなったと思う。私は後見受任業務以外に財産管理業務や相談業務の記録にも活用している。各項目にメモ欄がありより自由度が増した。お勧めのソフトです。

株式会社リーガル

« アルプス山麓での社会福祉士事務所開業奮闘記ブログのご紹介 | トップページ | SKFネットワークのお知らせ »

コメント

初めてコメント致します。

何度もHPを拝見しております内田と申します。

独立型社会福祉士として活動を始めました。

成年後見の受任件数もまだ1件ですが、これから頑張って受任件数を
増やしていきたいと思っております。

厚かましいお願いですが、受任件数を増やしていくコツなどありましたら
教えていただければ幸いです。

突然のコメント失礼致しました。


内田

新年早々、はじめてコメント致します。
わたくし、一応、社会福祉士資格者です。東京社会福祉士会の成年後見人研修も受講致しました。
現在の住まいは和賀井様の事務所からさほど遠くない場所です。かなり近いかもしれません。
いま現在、大きな壁にぶちあたっております。
わたくし、大学(政治経済学部)を卒業後、某都市銀行に入行しました。都内の支店勤務の後、2年間、
あこがれていたニューヨーク支店にも勤務しました。帰国後、情報システムセンターに配属となり、
やったことがないコンピューターのプログラム開発等を手掛け、徹夜、休日出勤の連続で過労となり、
入院しました。その後、遺憾ながら、銀行を退行(退社)致しました。
その後、ホームヘルパー2級を取得し、非常勤の訪問ヘルパー、非常勤のデイサービス職員を経験し、
施設の相談員になりたくて、社会福祉士養成施設の通信講座を受講し、社会福祉士国家試験に合格しました。
しかし、問題はそれからです。介護経験は多少あるのですが、相談援助経験ゼロ、年齢も50歳(独身です。)の
ため、まったく採用ゼロです。ヘルパーの仕事も結構きついので、現在は、コンビニバイトと警備員のバイトで
食いつないでいます。社会福祉士養成校の知り合いの人が昨年、独立し、社会福祉士事務所を開設したとのこと。
その人は全く福祉の仕事とは関係のない会社員で、会社もやめたそうです。
ズバリお聞きしたいのですが、相談援助経験ゼロの人の独立、いわゆる「ソクドク」社会福祉士は食べていけるんでしょうか? たとえば福祉相談等を行って、料金をとってもいいのでしょうか?(料金とれるなら、1時間いくらぐらい?)
わたしもバイトの身分から脱却して、実は事務所を開業したいのです。もう、それしか道がないかもしれません。
ちなみに開業資金は、どれぐらい、かかるのでしょう?
お恥ずかしいのですが、銀行の退職金も生活費として使い、預金も底をついてきて、月々の携帯料金の
引き落としになると「残高不足」がしばしば生じるレベルです。社会福祉士会も会費が払えず退会致しました。
長々となりましたが、どうか御教授をお願い致します。

いっさんへ

書き込みありがとうございます。
進路についてお悩みのようですね。
メールにてお答えしたいと思いますので
下記アドレスへ空メールを送付ください。
返信いたします。

hideo_wagai@yahoo.co.jp

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルプス山麓での社会福祉士事務所開業奮闘記ブログのご紹介 | トップページ | SKFネットワークのお知らせ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ